▲▼◆■英語学習の悩みを書いていくスレ■◆▼▲

1 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/18(金) 14:44:58.52 .net

英語学習の悩みを記していくスレです。

ちなみにオレの悩みは「オナラをしたら空気清浄機がブンブンうるさく、いつまで経っても止まらないので勉強に集中できない」です。

皆さんの悩みはなんですか?


317 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/07(土) 07:15:46.51 .net


錯覚を使った音素ベースの学習の悲劇の結末はこうなる。

越えられない壁
しかし、越えられない壁が厳然として存在していた。
すなわち、音=リスニングの壁である。訓練された話者が話す明瞭、
整然とした発話は聴き取れても、ネイティブスピーカーが数人集まり、
くだけた雰囲気の中で話す、いわゆる「だべり」の英語が聴き取れない。
あるいは映画、TVドラマ等の英語が聴き取れないのである。
相当なレベルに達した他の学習者も異口同音にこの問題を訴える。

262 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/06(金) 17:41:15.34 .net


>どれくらい経てば飲み会で普通に話せるようになるのか

そのためには彼らが使う表現をなるべくそのまま真似て覚えるしかない。
短い音から覚えれば、パターン学習が進みそれほど大変なものではない。
規則正しい音が並んでいないから覚える以外にない。
でも正しい音を並べる必要がないから、それらしい音になればよい。
考えようによれば、楽な方法と言える。

631 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/11(水) 13:56:55.64 .net


>嫌な集団だな

対話とか会話練習するのが目的だ。
プライバシーとか悪口を言ったりするのは基本的には皆が好まない。
俺を間違った批判をしない限り、俺もブログには書かない。

334 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/07(土) 12:29:08.39 .net


スモレンスキー/プリンスの「最適性理論」と桜井恵三の お笑い「俺の最適性理論」は 全く別物だからね。
お笑い版はこちら
http://megalodon.jp/2013-0726-1806-48/lastbbs.com/eigohanaso/main/thread/2414

607 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/10(火) 20:49:15.67 .net


>一件落着ですね?
昔から何の問題もない。落着する必要もない。

>地方差は多少あれど、「音素」というのはある言語で言葉の意味の違いを作る最低限の
>音の区別。その限られた「音素」の中で無数の「異音」がある。

つまり、「音素」は区分でありその区分に無数の音あるというのだから、
専門科学で安定した定義を保っている言葉ではない。
音素の数も、その音素の区分にある音の数さえ不明だ。音素はお化けのようなものだ。
音声を専門科学で定義すればcontinuous streams of sound(音のストリーム)と表現できる。
音声学の基本をなす、音素は学習した錯覚に過ぎない。

612 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/10(火) 22:55:39.24 .net


>音素が理解できないと言う事がはっきりしましたね?

>地方差は多少あれど、「音素」というのはある言語で言葉の意味の違いを作る最低限の
>音の区別。その限られた「音素」の中で無数の「異音」がある。

俺の理解とまったく同じだ。

849 :名無しさん@英語勉強中:2014/02/24(月) 15:46:28.80 .net


>シャッフルの度合いが甚だしくなっていく。
>文型は、「手続き記憶として保存され、即座に反応」できるようになります。

手続き記憶と言うのは掛け算九九のように全体をそのまま覚える事だ。
繰り返すことにより、手続き記憶として長期記憶で覚える事ができる。
シャッフルの度合いが甚だしくなったら手続き記憶にならないのだ。
文型と言う文法知識を手続き記憶でおぼえるのは不可能な事だ。

405 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/07(土) 20:36:22.77 .net


>言語音から抽出されたものが各言語の「音素」なんですけど。

そうではない、言語音から抽出されたものは異音と呼ばれる。
”音素(おんそ、phoneme)とは、言語学・音韻論において、客観的には
異なる音であるが、ある個別言語のなかで同じと見なされる音の集まり。”

同じ音の集まりであるから言語音から「音素」を抽出できない。
抽出した多くの音を集めて始めて音素と言う区分ができる。

495 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/08(日) 21:49:25.51 .net


>だから自分が知っている音のストリームの音と特徴を照合するのだ。

人間は写真を見せられ直ちにイヌとネコを見わけることができる。
0.5秒以内に正解を出すだろう。ニューロンはコンピューターに比べれば反応は遅い。
0.5秒では、脳に入った情報は100個の細胞を通過するだけだ。同じ問題を解くのに、
コンピューターは何十億というステップを必要とするだろう。
なぜ脳はたった100ステップで解けるのか?解答を計算するのではなく、
脳は記憶の中から引き出してくるのだ。
ポイントは「記憶による予測の枠組み」。

231 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/06(金) 13:52:03.11 .net


>世界一事実を正しくとらえられない桜井

こちらにこそ、異論も藩論もない。
なおかつ、桜井は音は物理的存在だとかマヌケなこと言ってるしw

606 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/10(火) 19:09:02.72 .net


まとめ

全ての問題の原因はおいらじゃなくてオマイにあるw

以上

166 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/05(木) 21:02:44.53 .net


>聞いた音をそのまま真似るための機能は「聴覚」だけに依存するものかの証明が必要。

常識的に音を聞くのは聴覚だ。
それ以外にあると言うならその説明と根拠が必要だ。

695 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/12(木) 17:10:32.73 .net


>自身がバカだってことを広めることが宣伝だと思ってるなら

英語習得には3つのネットワークが必要だ。
1.脳のニューラル・ネットワーク
2.語彙ネットワーク
3.人間のネットワークだ。
これがハイブリッドのネットワーク英語自動化学習だ。

609 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/10(火) 22:46:58.49 .net


音素が理解できないと言う事がはっきりしましたね?

前提がとほほなんですから中身もとほほですね?

514 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/09(月) 10:37:11.38 .net


結局、じいさんは>>511には答えられないペテン師ってことで、いいんだね?w

428 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/08(日) 07:25:16.88 .net


>この→の部分の解説をもう少し詳しくお願いします。

音素と言うのはそれ以上分割できない最少の単位だ。
最少の単位だからどういう対象をどういう基準で分類するか
という視点の違いは存在しない。
化学元素はどう分類しても世界中でまったく同じ元素数だ。
物理的存在ならどう視点を変えてもまったく同じ数になるはずだ。

355 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/07(土) 13:52:21.42 .net


>からかう程度に会話するのが適切だと思われるな。

そのからかいを止めたのはどうしてだ?
からかっていたのになぜ急に黙ったのだ?
音のストリーム理論の説明に完全に納得したか、
もう意見が言えなくなったかのどちらかだ。
お前らバカニートもろくな事を書いてない。

18 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/18(金) 17:50:07.99 .net


キチガイの自演スレじゃんここ

660 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/12(木) 07:47:47.40 .net


>全く宣伝になってないよ。むしろ逆効果。

お前らまでが音素は音の区分で音声学で説明する音素は並んでいない。
音声は音のストリームと言っている。
こんな最高の宣伝はない。

>>地方差は多少あれど、「音素」というのはある言語で言葉の意味の違いを作る最低限の
>>音の区別。その限られた「音素」の中で無数の「異音」がある。

611 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/10(火) 22:53:23.21 .net


>相手が分かっていない事にするということですね?

>>地方差は多少あれど、「音素」というのはある言語で言葉の意味の違いを作る最低限の
>>音の区別。その限られた「音素」の中で無数の「異音」がある。

音素は(区分の音)錯覚の音であり、無数の音があると言うのは
まさに音のストリームの考えと同じだ。
ずっと前から、音のストリームを充分に理解している事が分かったのだ。

803 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/12(木) 22:27:15.16 .net


>音声に音素があると言うなら音素の明確な数が必要だ。

それが書いてない音声学の本を紹介できる?

391 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/07(土) 19:43:59.96 .net


>くだけた雰囲気の中で話す、いわゆる「だべり」の英語が聴き取れない。
>あるいは映画、TVドラマ等の英語が聴き取れないのである。

音素ベースの音をして聞くから聞き取れないのだ。

言語の音声は連続的に変化する音のストリームだ。
だから英語表現を音のストリームとして覚える事だ。
何回か繰り返し練習することにより自動化ができる。
意識なく発音ができるようになる。
そうすればその音を聞いて意識なく、日本語のように聞いた瞬間に英語が理解できる

668 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/12(木) 10:50:12.99 .net


何で書いているのだ?
理由さえも言えずに書いているのか?
無料で音のストリームに宣伝奉仕か?

277 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/06(金) 20:27:42.76 .net


>最初からネイティブの速度、リズムを真似るのだ。

母語の場合は日本語も英語も全て同じだ。
子供に話しかける時に大人は自然な音で話しかける。
これが最初から、子供が自然な音を習得できる大事な仕組みだ。
大人が発音を覚える時は、余計に最初から自然な音を真似るべきだ。

874 :名無しさん@英語勉強中:2016/03/24(木) 21:34:49.53 ID:YYPf0bQm.net


単語集に出てくるような単語は覚えやすいけど
小説に出てくるようなちょっとした風景描写とか室内描写とか動作とかの
単語を効率的に覚えるのってどうしたらいいんだろうね。

逐一辞書引くのも煩わしいし。

133 :名無しさん@英語勉強中:2013/11/25(月) 19:34:58.54 .net



>>132
んなこと解ってるよ

249 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/06(金) 15:12:00.10 .net


>分速200ワードを越えると、ついていくことが途端に困難になる。

この問題は音素を聞き取ろうとするからだ。
言語の音声認識は自分の覚えている音との照合だ。
英語の音を、音のストリームで覚えれば速度など関係ない。
日本語だって速度に関係なく聞き取れるのは音を覚えているからだ。

872 :名無しさん@英語勉強中:2016/03/05(土) 12:42:43.60 ID:+k4jSRsi.net


熟語が覚えれない

404 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/07(土) 20:33:44.52 .net



>>402
性、国籍、体重、身長 その他 話者の物理的特徴を超越して、
話者の音声を発音記号として記述可能なのは、聞き手が
桜井が否定する「音素」を認識しているから。

9 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/18(金) 17:21:38.86 .net



>>8
■●● 【TOEIC】 500点を目指せ!part 6 ●●■
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/english/1346811099/

846 :名無しさん@英語勉強中:2014/02/02(日) 17:20:40.13 .net


>まともな研究論文あったら教えて欲しいのだけど。

/www.toyo.ac.jp/uploaded/attachment/799.pdf
/www.toyo.ac.jp/uploaded/attachment/819.pdf
/www.backbonecommunications.com/wp-content/uploads/dyned-2008-a-brain-based-theoryrev.pdf
/www.rusnauka.com/10_NPE_2009/Philologia/43897.doc.htm

184 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/05(木) 22:15:03.23 .net


>しかし、臨界期以降でも、新しい言語の脳の学習や音声認識のメカニズムは
>母語と同じであると考えるのが最も自然です。

言語学者のクラッシェンも母語も第二言語も基本的な習得方法は同じだと言っております。
臨界期前後も、学習の好き嫌いもあっても、どんな言語でも、基本的な学習方法は同じと言っております。

403 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/07(土) 20:24:27.85 .net


そのエセ一般論を前提にチェーンレスを繰り返し、
英語板住人に嫌われるのが、桜井恵三。

エセ一般論を指摘する住人に対しピントのズレた発言と宣伝を重ね
更に嫌悪される桜井恵三。

この無意味な行為を「啓蒙」と称して行うのが桜井恵三。

738 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/12(木) 20:25:19.86 .net


>音素に関わる理解度と主張は、「この世に重力など存在しないのだ」と言っているのと同程度w

【住人のレス】
地方差は多少あれど、「音素」というのはある言語で言葉の意味の違いを作る最低限の
音の区別。その限られた「音素」の中で無数の「異音」がある。

音声は連続的な音の変化の音のストリーム。
音のストリームの限りなく小さく切っていくと無数の異音ができる。
その異音を適当に区分すると44とか45の音素になる。

49 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/19(土) 10:31:50.68 .net


むしろ俺はフィリピン英語に興味があるのでちょうどいい。

580 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/09(月) 23:53:16.30 .net


>ニューラル・ネットワークと語彙ネットワーク

ググったらなんか受けそうなので連呼?

705 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/12(木) 18:07:38.94 .net



>>704
桜井の場合は、自分以外の全住民からバカ扱いされる老後だぞ。

705 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/12(木) 18:07:38.94 .net



>>704
桜井の場合は、自分以外の全住民からバカ扱いされる老後だぞ。

527 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/09(月) 11:41:14.42 .net


でも、>>501には回答出来ないペテン師なんだよな。

196 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/05(木) 22:48:50.72 .net


>変化は新しい言語の習得の難しくなるだけだ。
>何度も言うが臨界期以降でも第二言語の音声認識、言語の習得の機能(メカニズム)には変化はない。

本当にバカなんだな。
メカニズムが同じなら、言語の習得が難しくなる理由はなんだ?

556 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/09(月) 17:14:14.24 .net


555が理解できないうちは、おじいちゃんのバカ発言は、
バカのテンプレのどころか バカのHall of Fame入りだね。

あっ 何年経ってもおじいちゃんは理解出来ないんだから、事実上 殿堂入りだよねw

14 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/18(金) 17:33:51.22 .net



>>13
おまえ、本人?
450目指しててそんなの書けるわけないよね?

651 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/11(水) 21:49:57.28 .net


>桜井はいつ都知事になったんだ?

猪瀬のようにバレる嘘をつくなら、都知事になるつもりはない。
バレる嘘をつくなら、2chに書くようなバカな事はしない。
楽しみだけで書いているのが、嘘をつけば苦しい思いをすることになる。

537 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/09(月) 12:05:19.89 .net


>自己連想的とは、入力が欠けていたり、ひずんでいても、
> 記憶から完全なパターンを引き出すこと。

言語を話す時には音声に規則正しい音素を並べる必要がない。
だから日本語も英語も音声には音素などは並んでいない。
音素が並んでいると聞こえるのは学習した錯覚だ。

485 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/08(日) 18:22:33.52 .net


>各音素区分の中には無数の異音があると言う??????

音素の中に無数の異音があったら、もうそれは素(最小単位)ではない。
そのような矛盾を抱えるのは科学ではない。

248 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/06(金) 15:09:50.77 .net


私自身は、NHK「やさしいビジネス英語」のダイアローグ(分速170〜180ワード)は、
下見を一二度すればほぼ問題なくシャドーイングできる。
分速200ワードを越えると、ついていくことが途端に困難になる。

このトレーニングは分速200ワードを越えていたと思えるが、無理に同様のスピードで言おうとすると、
各語の音が原形をとどめない程くずれてしまう。

これも単音を正確につかんでいないため、正しい音の圧縮、連結ができないがために起こる現象だろう。

522 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/09(月) 11:22:09.79 .net


>ペテンを書くだけですね。

バカのテンプレでは、お前らも音素が存在しないと言っている。
ハーバードのピンカー氏や、東大の峯松氏と同じ意見だ。
音声は連続的に変化する音のストリームと言う俺の主張は
少なくとも非常に科学的な説明だ。

35 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/18(金) 23:09:31.94 .net



>>33
サイト見てみました。
教材の内容の良し悪しは知りませんが、
ルールを守れば返金はしてもらえる気がします。
著者は有名な人なので名前に傷が付くと損ですから。

私なら、自分の小遣いが月3万円以上あって、
もし返金されなくても大してダメージがないなら、
興味がある教材は注文してみます。
逆に小遣いが3万円未満なら、
万一返金に失敗すると痛いので注文しないですね。

193 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/05(木) 22:42:51.36 .net


>「自分はこう思うから、こうなのだ」という根拠なき説明じゃねぇ。

母語において臨界期後は学習や音声認識のメカニズムに変化はない。
その結果、第二言語の習得においても、臨界期後は学習や音声認識の
メカニズムに変化はない。

154 :名無しさん@英語勉強中:2013/12/05(木) 17:38:27.94 .net


>それでは、臨界期前後で「聴覚」がどう変化するのか 説明したまえ。

音を聞く能力が急に悪くなる。
臨界期を過ぎると絶対音感は練習しても無理だ。
脳の認知の機能や学習が変化するのではない。
母語ではまったく変化ないから、上記を証明できる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする