英借文のノウハウ

1 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/15(火) 20:05:40.00 .net

ちょうどいい英文を、どこから借りてきたらええんやろ?

102 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/18(金) 17:59:50.28 .net

>>96
区別できないのは桜井恵三だけ

53 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/17(木) 20:43:19.48 .net

ウンコage

152 :名無しさん@英語勉強中:2014/01/13(月) 20:06:35.66 .net

英借は音のストリームに限る。
つまり手続き記憶で自動化することだ。

129 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/22(火) 20:32:01.40 .net

>>122
A wise word enough for the wise.
The wise is much better than a dozen unwise men.

“Well now, I’d rather have you than a dozen boys, Anne,’ said Matthew patting
her hand. ‘Just mind you that ? rather than a dozen boys. Well now, I guess it
wasn’t a boy that took the Avery scholarship, was it? It was a girl ? my girl ?
my girl that I’m proud of.”

59 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/18(金) 00:25:26.12 .net

>連投して荒らすのいいかげんやめにしませんか?

俺に言うな。
ひげの生えた幼児グループ、基地外アホ・ニート軍団に言え。
こんなバカでもこうやって2chの人集めにはなっている。
これも言論の自由が抱える大問題だ。

163 :名無しさん@英語勉強中:2015/05/08(金) 09:12:41.92 ID:y5ZEEyCO.net

>>162

ねぇ〜なんで他人の振りして書いていたのぉwww
ねぇ〜なんでsageているのぉwww

人気のないスレにsageでこっそり書いて
恥ずかしくないの?www
バカニート桜井恵三の浅知恵

みっともない蛆虫基地外 桜井恵三

116 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/18(金) 23:26:13.67 .net

>知恵を借りることばかり考えて

バカニートは他人の知恵も借りられず、
執拗に、病的に答えのない疑問を永遠に続ける。
己の主張、意見は何もない。
それでも2chに書きたがる、ひげをはやした幼児。

77 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/18(金) 13:21:15.78 .net

>「音声は物理的存在である」だからそれを科学的に確認できる。

そうだ、音声は物理的特性をもっており、計測もできる。
おの音声の物理的存在の特性は単なる連続的に変化する音のストリームだ。
音声には音素は並んでないし、取り出すこともできない。
音素は調音音声学の概念の音だ。
東大の峯松教授は音素は学習した錯覚だと言っている。

131 :今日も雲孤 ◆bKaGbR8Ka. :2013/10/22(火) 21:05:18.61 .net

(`・ω・´) アベイ銀行が!

90 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/18(金) 13:37:35.48 .net

やっぱり「存在」と「現象」の区別ができないおバカさんなんだね?

49 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/17(木) 17:32:02.24 .net

スレ違いのスレに連投して荒らすのいいかげんやめにしませんか?
そこに何か正義があるのですか?
他人に迷惑をかける、人のいやがることをしても一時的に気がはれるだけで
結局いつものみじめな気持にもどってしまうでしょ?
いいかげん変わらないと。うだつの上がらないつまらない人生で一生終わりですよ。

126 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/21(月) 20:41:22.62 .net

stupidsai,and 777 don’t borrow sentences. Make new words. Sorry don’t make new words. came up sentences and make words.
That’s I always do and what I learn at high-school, 777 united states of official English bitch number one!

9 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/17(木) 13:55:27.01 .net

>ちょうどいい英文を、どこから借りてきたらええんやろ?

ネイティブが自然に使う表現を自然な音で覚える事が重要だ。
つまり音声は音素が並んだものでなく、連続的な音のストリームのようなものだ。

118 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/19(土) 07:04:12.16 .net

>>116
音は空気の「振動」によって発生すると中学の理科で習わなかったか?
中学理科も理解せずに自称「科学」を騙るおバカさん。

39 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/17(木) 17:03:34.22 .net

>格好良い英語を使うよりは自分が覚えて使える表現の方がずっと実用的です。

自然な音の流れの表現を覚える事が効率的に覚える最適な方法だ。
最適化された音が最も発音しやすく、覚え易い。
覚えるからどんどん次の英借が可能となる。

97 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/18(金) 13:53:55.54 .net

>俺は過去に現象と存在を区別したことはない。
> 区別できるはずもない。

そんな事は大した問題でもないからだ。
俺は「音声は物理的な存在」の方を好む。
それだけだ。

156 :名無しさん@英語勉強中:2014/02/02(日) 17:38:10.71 .net

>まともな研究論文あったら教えて欲しいのだけど。

/www.toyo.ac.jp/uploaded/attachment/799.pdf
/www.toyo.ac.jp/uploaded/attachment/819.pdf
/www.backbonecommunications.com/wp-content/uploads/dyned-2008-a-brain-based-theoryrev.pdf
/www.rusnauka.com/10_NPE_2009/Philologia/43897.doc.htm

46 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/17(木) 17:30:32.39 .net

               _,..—-、_
              / ,r ̄\!!;へ
             /〃/   、  , ;i
             i,__ i ‐=・ァj,ir=・゙)
             lk i.l  /’,!゙i\ i あえて言おう!ウンコ臭いと!!
             ゙iヾ,.   ,..-ニ_ /
             Y ト、  ト-:=┘i
              l ! \__j’.l
              」-ゝr―‐==;十i      _,r–――、
             .ト、.j.!レ’ ̄三! >ーr‐r‐r‐<  _,.r<“「 l_____
     ____,..r–r=ヾヽj,r―'”≦__ ̄ ̄r―'”\\ \r”,.-、, \
    ∧   ト-‘‐'”三へ>ト-‐'”‾    ゙i  /       \\(_.人 ヽ._ ヽ
    レ’へ._ノi 「 \ ゙l //./”,「 ̄/ / /       ヽ-ゝ. \   /
    レ’// .l l   ! ! i/./ ./  /  / /         ,(  \  ノハ
    レ’/  .! !   i ゙’!  ̄ ∠,  /  ヽ._        ,ター  '”,〈 !
   /゙” ,r'” .l‐=ニ゙,「l ! 「 ̄!. /./   ー==’       .l.ト、. -‐'”/!.ト,
  /   .ト-  ゙ー―┘!└‐’=’-‐”   ヽ._/   、     トミ、 ̄ ̄._ノノli\

80 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/18(金) 13:25:05.14 .net

>東大の峯松教授は音素は学習した錯覚だと言っている。

だから人間はその音素を聞いて真似ているのではない。
こどもが母親の「おはよう」と聞いてそれを返す時は子供は何を真似ているのか。
「おはよう」と言うそれぞれの「おはよう」と言う音を真似ているのではない。
子供はその音形(ゲシュタルト)を真似る。
ゲシュタルトは単語の音の体系、音色の動きのパターンである。

162 :名無しさん@英語勉強中:2015/05/08(金) 07:45:49.59 ID:/jtWqlza.net

>東大の峯松教授は音素は学習した錯覚だと言っている。

だから人間はその音素を聞いて真似ているのではない。
こどもが母親の「おはよう」と聞いてそれを返す時は子供は何を真似ているのか。
「おはよう」と言うそれぞれの「おはよう」と言う音を真似ているのではない。
子供はその音形(ゲシュタルト)を真似る。
ゲシュタルトは単語の音の体系、音色の動きのパターンである。

101 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/18(金) 14:11:36.40 .net

>東大の峯松教授は音素は学習した錯覚だと言っている。

だから人間はその音素を聞いて真似ているのではない。
こどもが母親の「おはよう」と聞いてそれを返す時は子供は何を真似ているのか。
「おはよう」と言うそれぞれの「おはよう」と言う音を真似ているのではない。
子供はその音形(ゲシュタルト)を真似る。
ゲシュタルトは単語の音の体系、音色の動きのパターンである。

95 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/18(金) 13:47:29.91 .net

>東大の峯松教授は音素は学習した錯覚だと言っている。

だから人間はその音素を聞いて真似ているのではない。
こどもが母親の「おはよう」と聞いてそれを返す時は子供は何を真似ているのか。
「おはよう」と言うそれぞれの「おはよう」と言う音を真似ているのではない。
子供はその音形(ゲシュタルト)を真似る。
ゲシュタルトは単語の音の体系、音色の動きのパターンである。

113 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/18(金) 21:47:23.26 .net

>東大の峯松教授は音素は学習した錯覚だと言っている。

だから人間はその音素を聞いて真似ているのではない。
こどもが母親の「おはよう」と聞いてそれを返す時は子供は何を真似ているのか。
「おはよう」と言うそれぞれの「おはよう」と言う音を真似ているのではない。
子供はその音形(ゲシュタルト)を真似る。
ゲシュタルトは単語の音の体系、音色の動きのパターンである。

140 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/31(木) 16:32:23.17 .net

>東大の峯松教授は音素は学習した錯覚だと言っている。

だから人間はその音素を聞いて真似ているのではない。
こどもが母親の「おはよう」と聞いてそれを返す時は子供は何を真似ているのか。
「おはよう」と言うそれぞれの「おはよう」と言う音を真似ているのではない。
子供はその音形(ゲシュタルト)を真似る。
ゲシュタルトは単語の音の体系、音色の動きのパターンである。

110 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/18(金) 20:34:28.96 .net

>東大の峯松教授は音素は学習した錯覚だと言っている。

だから人間はその音素を聞いて真似ているのではない。
こどもが母親の「おはよう」と聞いてそれを返す時は子供は何を真似ているのか。
「おはよう」と言うそれぞれの「おはよう」と言う音を真似ているのではない。
子供はその音形(ゲシュタルト)を真似る。
ゲシュタルトは単語の音の体系、音色の動きのパターンである。

38 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/17(木) 17:01:03.64 .net

>東大の峯松教授は音素は学習した錯覚だと言っている。

だから人間はその音素を聞いて真似ているのではない。
こどもが母親の「おはよう」と聞いてそれを返す時は子供は何を真似ているのか。
「おはよう」と言うそれぞれの「おはよう」と言う音を真似ているのではない。
子供はその音形(ゲシュタルト)を真似る。
ゲシュタルトは単語の音の体系、音色の動きのパターンである。

32 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/17(木) 16:44:56.77 .net

>東大の峯松教授は音素は学習した錯覚だと言っている。

だから人間はその音素を聞いて真似ているのではない。
こどもが母親の「おはよう」と聞いてそれを返す時は子供は何を真似ているのか。
「おはよう」と言うそれぞれの「おはよう」と言う音を真似ているのではない。
子供はその音形(ゲシュタルト)を真似る。
ゲシュタルトは単語の音の体系、音色の動きのパターンである。

105 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/18(金) 20:01:20.11 .net

>東大の峯松教授は音素は学習した錯覚だと言っている。

だから人間はその音素を聞いて真似ているのではない。
こどもが母親の「おはよう」と聞いてそれを返す時は子供は何を真似ているのか。
「おはよう」と言うそれぞれの「おはよう」と言う音を真似ているのではない。
子供はその音形(ゲシュタルト)を真似る。
ゲシュタルトは単語の音の体系、音色の動きのパターンである。

148 :名無しさん@英語勉強中:2013/11/20(水) 21:33:30.47 .net

>東大の峯松教授は音素は学習した錯覚だと言っている。

だから人間はその音素を聞いて真似ているのではない。
こどもが母親の「おはよう」と聞いてそれを返す時は子供は何を真似ているのか。
「おはよう」と言うそれぞれの「おはよう」と言う音を真似ているのではない。
子供はその音形(ゲシュタルト)を真似る。
ゲシュタルトは単語の音の体系、音色の動きのパターンである。

42 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/17(木) 17:27:08.39 .net

>東大の峯松教授は音素は学習した錯覚だと言っている。

だから人間はその音素を聞いて真似ているのではない。
こどもが母親の「おはよう」と聞いてそれを返す時は子供は何を真似ているのか。
「おはよう」と言うそれぞれの「おはよう」と言う音を真似ているのではない。
子供はその音形(ゲシュタルト)を真似る。
ゲシュタルトは単語の音の体系、音色の動きのパターンである。

115 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/18(金) 23:23:49.56 .net

>東大の峯松教授は音素は学習した錯覚だと言っている。

だから人間はその音素を聞いて真似ているのではない。
こどもが母親の「おはよう」と聞いてそれを返す時は子供は何を真似ているのか。
「おはよう」と言うそれぞれの「おはよう」と言う音を真似ているのではない。
子供はその音形(ゲシュタルト)を真似る。
ゲシュタルトは単語の音の体系、音色の動きのパターンである。

83 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/18(金) 13:28:57.00 .net

>東大の峯松教授は音素は学習した錯覚だと言っている。

だから人間はその音素を聞いて真似ているのではない。
こどもが母親の「おはよう」と聞いてそれを返す時は子供は何を真似ているのか。
「おはよう」と言うそれぞれの「おはよう」と言う音を真似ているのではない。
子供はその音形(ゲシュタルト)を真似る。
ゲシュタルトは単語の音の体系、音色の動きのパターンである。

92 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/18(金) 13:41:21.22 .net

>東大の峯松教授は音素は学習した錯覚だと言っている。

だから人間はその音素を聞いて真似ているのではない。
こどもが母親の「おはよう」と聞いてそれを返す時は子供は何を真似ているのか。
「おはよう」と言うそれぞれの「おはよう」と言う音を真似ているのではない。
子供はその音形(ゲシュタルト)を真似る。
ゲシュタルトは単語の音の体系、音色の動きのパターンである。

142 :名無しさん@英語勉強中:2013/11/02(土) 14:03:52.36 .net

>東大の峯松教授は音素は学習した錯覚だと言っている。

だから人間はその音素を聞いて真似ているのではない。
こどもが母親の「おはよう」と聞いてそれを返す時は子供は何を真似ているのか。
「おはよう」と言うそれぞれの「おはよう」と言う音を真似ているのではない。
子供はその音形(ゲシュタルト)を真似る。
ゲシュタルトは単語の音の体系、音色の動きのパターンである。

72 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/18(金) 09:17:44.68 .net

>東大の峯松教授は音素は学習した錯覚だと言っている。

だから人間はその音素を聞いて真似ているのではない。
こどもが母親の「おはよう」と聞いてそれを返す時は子供は何を真似ているのか。
「おはよう」と言うそれぞれの「おはよう」と言う音を真似ているのではない。
子供はその音形(ゲシュタルト)を真似る。
ゲシュタルトは単語の音の体系、音色の動きのパターンである。

40 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/17(木) 17:10:18.65 .net

>東大の峯松教授は音素は学習した錯覚だと言っている。

だから人間はその音素を聞いて真似ているのではない。
こどもが母親の「おはよう」と聞いてそれを返す時は子供は何を真似ているのか。
「おはよう」と言うそれぞれの「おはよう」と言う音を真似ているのではない。
子供はその音形(ゲシュタルト)を真似る。
ゲシュタルトは単語の音の体系、音色の動きのパターンである。

40 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/17(木) 17:10:18.65 .net

>東大の峯松教授は音素は学習した錯覚だと言っている。

だから人間はその音素を聞いて真似ているのではない。
こどもが母親の「おはよう」と聞いてそれを返す時は子供は何を真似ているのか。
「おはよう」と言うそれぞれの「おはよう」と言う音を真似ているのではない。
子供はその音形(ゲシュタルト)を真似る。
ゲシュタルトは単語の音の体系、音色の動きのパターンである。

136 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/27(日) 12:11:56.62 .net

>東大の峯松教授は音素は学習した錯覚だと言っている。

だから人間はその音素を聞いて真似ているのではない。
こどもが母親の「おはよう」と聞いてそれを返す時は子供は何を真似ているのか。
「おはよう」と言うそれぞれの「おはよう」と言う音を真似ているのではない。
子供はその音形(ゲシュタルト)を真似る。
ゲシュタルトは単語の音の体系、音色の動きのパターンである。

91 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/18(金) 13:39:40.69 .net

>東大の峯松教授は音素は学習した錯覚だと言っている。

だから人間はその音素を聞いて真似ているのではない。
こどもが母親の「おはよう」と聞いてそれを返す時は子供は何を真似ているのか。
「おはよう」と言うそれぞれの「おはよう」と言う音を真似ているのではない。
子供はその音形(ゲシュタルト)を真似る。
ゲシュタルトは単語の音の体系、音色の動きのパターンである。

6 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/16(水) 16:40:01.54 .net

>東大の峯松教授は音素は学習した錯覚だと言っている。

だから人間はその音素を聞いて真似ているのではない。
こどもが母親の「おはよう」と聞いてそれを返す時は子供は何を真似ているのか。
「おはよう」と言うそれぞれの「おはよう」と言う音を真似ているのではない。
子供はその音形(ゲシュタルト)を真似る。
ゲシュタルトは単語の音の体系、音色の動きのパターンである。

111 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/18(金) 20:40:49.78 .net

>東大の峯松教授は音素は学習した錯覚だと言っている。

だから人間はその音素を聞いて真似ているのではない。
こどもが母親の「おはよう」と聞いてそれを返す時は子供は何を真似ているのか。
「おはよう」と言うそれぞれの「おはよう」と言う音を真似ているのではない。
子供はその音形(ゲシュタルト)を真似る。
ゲシュタルトは単語の音の体系、音色の動きのパターンである。

123 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/20(日) 21:33:09.40 .net

>東大の峯松教授は音素は学習した錯覚だと言っている。

だから人間はその音素を聞いて真似ているのではない。
こどもが母親の「おはよう」と聞いてそれを返す時は子供は何を真似ているのか。
「おはよう」と言うそれぞれの「おはよう」と言う音を真似ているのではない。
子供はその音形(ゲシュタルト)を真似る。
ゲシュタルトは単語の音の体系、音色の動きのパターンである。

170 :名無しさん@英語勉強中 :2018/06/17(日) 10:15:51.81 ID:S71tMCpy0.net

>東大の峯松教授は音素は学習した錯覚だと言っている。

だから人間はその音素を聞いて真似ているのではない。
こどもが母親の「おはよう」と聞いてそれを返す時は子供は何を真似ているのか。
「おはよう」と言うそれぞれの「おはよう」と言う音を真似ているのではない。
子供はその音形(ゲシュタルト)を真似る。
ゲシュタルトは単語の音の体系、音色の動きのパターンである。

11 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/17(木) 13:59:54.40 .net

>東大の峯松教授は音素は学習した錯覚だと言っている。

だから人間はその音素を聞いて真似ているのではない。
こどもが母親の「おはよう」と聞いてそれを返す時は子供は何を真似ているのか。
「おはよう」と言うそれぞれの「おはよう」と言う音を真似ているのではない。
子供はその音形(ゲシュタルト)を真似る。
ゲシュタルトは単語の音の体系、音色の動きのパターンである。

69 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/18(金) 09:09:07.08 .net

>東大の峯松教授は音素は学習した錯覚だと言っている。

だから人間はその音素を聞いて真似ているのではない。
こどもが母親の「おはよう」と聞いてそれを返す時は子供は何を真似ているのか。
「おはよう」と言うそれぞれの「おはよう」と言う音を真似ているのではない。
子供はその音形(ゲシュタルト)を真似る。
ゲシュタルトは単語の音の体系、音色の動きのパターンである。

56 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/17(木) 22:27:25.63 .net

>東大の峯松教授は音素は学習した錯覚だと言っている。

だから人間はその音素を聞いて真似ているのではない。
こどもが母親の「おはよう」と聞いてそれを返す時は子供は何を真似ているのか。
「おはよう」と言うそれぞれの「おはよう」と言う音を真似ているのではない。
子供はその音形(ゲシュタルト)を真似る。
ゲシュタルトは単語の音の体系、音色の動きのパターンである。

94 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/18(金) 13:44:59.97 .net

>東大の峯松教授は音素は学習した錯覚だと言っている。

だから人間はその音素を聞いて真似ているのではない。
こどもが母親の「おはよう」と聞いてそれを返す時は子供は何を真似ているのか。
「おはよう」と言うそれぞれの「おはよう」と言う音を真似ているのではない。
子供はその音形(ゲシュタルト)を真似る。
ゲシュタルトは単語の音の体系、音色の動きのパターンである。

78 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/18(金) 13:23:48.92 .net

>東大の峯松教授は音素は学習した錯覚だと言っている。

だから人間はその音素を聞いて真似ているのではない。
こどもが母親の「おはよう」と聞いてそれを返す時は子供は何を真似ているのか。
「おはよう」と言うそれぞれの「おはよう」と言う音を真似ているのではない。
子供はその音形(ゲシュタルト)を真似る。
ゲシュタルトは単語の音の体系、音色の動きのパターンである。

132 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/25(金) 08:03:39.66 .net

>東大の峯松教授は音素は学習した錯覚だと言っている。

だから人間はその音素を聞いて真似ているのではない。
こどもが母親の「おはよう」と聞いてそれを返す時は子供は何を真似ているのか。
「おはよう」と言うそれぞれの「おはよう」と言う音を真似ているのではない。
子供はその音形(ゲシュタルト)を真似る。
ゲシュタルトは単語の音の体系、音色の動きのパターンである。

36 :名無しさん@英語勉強中:2013/10/17(木) 16:59:33.83 .net

>東大の峯松教授は音素は学習した錯覚だと言っている。

だから人間はその音素を聞いて真似ているのではない。
こどもが母親の「おはよう」と聞いてそれを返す時は子供は何を真似ているのか。
「おはよう」と言うそれぞれの「おはよう」と言う音を真似ているのではない。
子供はその音形(ゲシュタルト)を真似る。
ゲシュタルトは単語の音の体系、音色の動きのパターンである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする